スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
復活!
長らく更新せず、ご心配をおかけしました

結局リキの熱は19日までダラダラと続き(38℃以内)、その後鼻水・咳がなかなか治まりませんでした。
23日に耳鼻科へ行き、耳を診てもらうとやっぱり左が中耳炎になってました。
ただ、症状は軽かったみたい。
咳と鼻水のお薬、抗生剤を処方してもらいました。
耳鼻科の先生は、乳幼児にはタミフルを推奨しているらしく、「なぜ飲ませなかったのか?」と怒られました。。。
だって、かかりつけは処方してくれへんたんやも~ん
乳幼児はインフルエンザ脳症が怖いし
確かに、今回は熱性痙攣だったから良かったものの、これがインフルエンザによる痙攣とかなら非常に危険だったらしい。

リキのかかりつけのお医者さんは女医さんで、すごく親切で丁寧。
お薬にも慎重で、うめの風邪なんかの時もあんまりきついお薬は出してくれません。
…すごく気に言ってるお医者さんなんですが、今回はちょっと裏目に出てしまったみたい。

耳鼻科でもらったお薬をのんで、25日に再度診察をうけましたがほぼ完治ということ。
今日から保育園にも行くことになりました


ところでリキですが、インフルエンザと闘っていた2週間のあいだに妙に言葉が発達。
いままで否定的な言葉=「いや」「だめ」のたぐいは不思議と言わなかったんですが、苦手なものを食べさそうとすると「あかんの~」と言うように。。。
これは熱が出て食欲がない時に、色々食べさせようと試みては手で払いのけられ、そのたびにうめが「あかんの~?」と言っていたのを覚えたらしい

それから、保育園で覚えてきた言葉で「はなでてる~」
慣らし保育の頃から、鼻水はちょっと出てたんです。
たら~って出てくると、先生が「リキちゃん、鼻出てる」って言って拭いてくれてたらしく、家に帰ってきても意味もなく繰り返してました。
で、今回鼻水もすごくてシーツがリキの寝てるところは黄色くカピカピになるほど常にドロドロのが出てたんです。
起きてる間は「鼻出てんで~」って言ってうめが拭き取る…を何回も何回も。
ちょっと元気になった頃には、たら~って出たら、「はなでてる~」と自己申告。
「ティッシュ持ってきて~」と言うと自分で取りに行って渡してくれます。
それもめんどくさくなって「自分でかんで~」と言うとティッシュを鼻にあてて起用に鼻をつまんで拭き取ってました
かんだあとは、律儀にもフラフラした足取りでゴミ箱に捨てに行ってたし。

そう。
いろいろ”出来る”ってことが嬉しいお年頃なんです。
熱が下がって体力がだんだん戻ってくると、1日家の中では退屈してきます。
うめの後ろをついて歩いては「はい!」と両手を差し出す。
これは「くれ」ということ。
うめの運んでる洗濯ものを自分に渡せ!と要求してくるんです。
台所に立つと「トントンする~」「おいしくな~れする~」「はい!」「はい!」
あんまりうるさいから「じゃ、お手伝いして~」と、いろいろ仕事を与えてたら、仕事がなくなると「おてつだい~」
ってうるさいのなんのって
「おてつだい~、しゅるのぉぉぉぉ!」って言って泣いてるし
10年後にも同じように言って欲しいもんやわ。

あと、これは3月の末頃からなんとなく言い出してたんですが…。
うめのことを「おねえちゃん」と呼ぶ
なんで?
最初は、何か勘違いしてるんかな~?ま、そのうち言わなくなるでしょう。。。とか思ってたのに、熱が下がり始めた頃からうめがちょっと離れると
「おねーちゃーん、おねーちゃーん」と呼ぶ。
うめが行くと「あ~、おねーちゃんきた~」
これって、すっかり定着してるんちゃうん!?

そのたびに「おねえちゃんちゃうっちゅうねん!」ってつっこみは入れてるものの…。
内心ちょっと「おねえちゃん」で嬉しかったりするうめ。
「おばちゃん」じゃなくて良かった~なんて
ちょっと外で言われると恥ずかしいけど

さぁ、今日は久々の保育園。
送ってった時は、案の定ないてたけど。。。
無事に完全復帰できるかな?
スポンサーサイト
【2007/04/26 13:14】 つれづれ | トラックバック(0) | コメント(3) |
まだ続いてます。。。
14日、熱が38℃台まで下がって、自分で食べようとしたり動こうとするようになったので、ちょっと安心してたのですが…。

15日、お昼頃からまたしても40℃を超える発熱
体力的にも相当落ちてきてるらしく、今までで一番辛そうです。
それまでは、目が覚めると多少なりとも体を起こそうという仕草が見られたのですが、この日は全く起きあがろうとしませんでした。
飲み物はお茶以外一切受け付けず。まぁ、それでもお茶を飲んでくれるだけいいけど。。。
食べ物はいろいろ試してみたけど、卵ボーロならちょっとは食べてくれます。
目ヤニ、鼻水、咳がひどくなってきました。
左耳が中耳炎になってしまったみたいで、強烈な臭いを放ってます。

16日、深夜2時頃になって熱が下がってきて、なんとか朝まで熟睡
朝6時頃に起こされ、熱を測ると37.5℃。
病院に電話して、午前の診察最後に診てもらえることに。
朝は、気分もよかったのか何か食べられそうだったので、一応食事の用意をしてみました。

納豆ご飯、パン、リンゴ、野菜スープ、ヨーグルト、ゼリー…。
どれか1つでもお気に召すものがありますように。。。

用意をして戻ると、リキがあぐらをかいてバナナを食べてました。
「食べる」と言ったらすぐに食べさせられるように、枕元にお盆をおいてバナナを用意してたんです。
そのバナナを自分で皮を剥いて食べてました!
今まで、皮は剥いてからしか渡したことがなかったので、食べてくれたことよりも自分で剥いてたことにビックリ
その後、納豆ご飯を3口ほど、リンゴを1/8ほど食べました。

病院では、熱性痙攣の時のことを詳しく説明。
診察→熱は下がったのでインフルエンザはひとまず終息。弱ったところに他のウィルス等で鼻水や咳の症状が出てきてるとのこと。抗生剤などのお薬をだしてもらいました。

あぁ、これでとりあえずは一安心

と思ってると、夕方からまた40℃を超える発熱
またしても、10分置きにグズグズに逆戻りです。



とりあえず16日までのご報告。
コメント頂いたみなさん、ありがとうございます!
返事できなくてゴメンナサイ。
落ち着いたら、また。。。。。。。。
【2007/04/17 19:33】 つれづれ | トラックバック(0) | コメント(0) |
熱性痙攣
リキの症状については、座薬で1日に2回ほど下げるしか手だてはなく。。。
結局夜眠れたのは朝方の5時。
そして起こされたのが6時半。
起きるなり、何か食べさせないとと試みるも水分すらとろうとしない。
そんな中で試しに渡してみたバナナは1本完食しました

うめの方はと言うと、かかりつけが休診で、飛び込みで行った病院の先生が点滴をうってくれてたので、体力的にはさほど問題はなかったけど。。。(↑見てると患者さんみんなが診察→吸入→処方される薬の1回分を服用→点滴のコースを回らされてた…これはこれでかなり疑問が残るけど、今はおいといて。。。)

夜12時に座薬をうったので、朝は8時になるのを待って座薬を。
ちょっと落ち着いて「おかあさんといっしょ」を見てる間にリキを託し、うめは病院へ
もうほとんど辛い症状はないのに、何故かまた点滴。(やっぱり???が残るけど、今はおいといて。。。)
帰った頃にはリキは少し熱が下がり、ジュースを飲みました。
とりあえず、どうしてもやっておきたいことだけ片付けて、「ねんねしよ~」とお布団の中へ入りました。
それからしばらくして、また熱が上がってきたらしく10分置きくらいにうなされて起きる。
3時前くらいかな…「だっこ~」と言いながら横で寝てるうめのお腹の上にはい上がってきてぐーっと体を持ち上げたかと思ったら、じ~っと天井を見てる…。
「何か気になるものある?」って声を変えても応答無し。
しばらくすると体を支えてる両腕がプルプル震えだしました。
「うんちしてるの?」この2日間、まともに出てなかったんで、のんきに気張ってるものだとばかり思ってたうめ。
そしたら「ぐふっ、ぐふっ」と戻しそうな感じの息づかいを始めたので、何か詰まったのかとようやく慌て出しました。
吐くんだとばかり思ったうめは、リキをうつぶせに抱っこして背中をトントン
それでもグフグフいってるので、指を口に入れて吐かせようとしたり…。
そうこうしてるうちに、リキの耳が真っ青に(うつぶせ抱っこなんで顔はみてなかった)。
仰向けてもうつぶせの時のまま手足が固まって動かない。
黒目も上向いたまま全く動かない。(これを白目をむいてるという…が、リキは目を開けて寝るという特技があるので見慣れていた)
「もしかして
やっと気付きました。
熱性痙攣だったんです。

急いで布団の上に寝かせ、体をゆっくりさすりながら、119番

熱性痙攣の場合、5分は様子をみて、それでもまだ続くようなら救急車を呼ぶ、というのが正しい(?)対処法です。
でも、紫を通り越して真っ青になって息をほとんどしてないリキを前に、そんなこと思い出す余裕なんて全くありませんでした。
とにかく、今すぐどうしたらいいのか教えて欲しい!早く誰かに来て欲しい!!

119番して、住所を言うと「携帯ですよねぇ、落ち着いてください。声が割れて聞こえません」と何度も言われ、うめも何度も何度も住所を繰り返す。
はじめに「1歳の子供が熱を出して痙攣をおこしてます」と伝えたのは伝わってたみたいなんやけど…。
やっと住所が正しく伝わった頃に、突然リキの顔に赤みが差しました。
ちょっとホッとして、「だからぁ、△△△の××号室です!」といい加減にしてくれ~!と思いながら言ったところでようやく相手にも伝わった模様。
「救急車はもう出てますから、脇を冷やして待ってて下さい…ガチャン

以前お友達ママが痙攣で119した時に対処方など丁寧に対応してもらったって話が頭に残ってたから、迷わずすぐに119で助けてもらおうと思ったのに。。。
「もう出てますから」って…とっくに住所伝わってたのかよ
なんて憤りを覚えつつ、リキに「すぐピーポーピーポーが来てくれるしな~」ととりあえず話してみたりして。。。

10分弱で救急車到着。
隊員さんに症状を伝え、救急車に乗り込む物の、なかなか搬送先の病院が決まらない。
やっと救急車が走り出したのが、それから30分以上たってからのことでした。
ま、救急車の中でプロが見ていてくれてるっていうだけで安心してたので、そのことについては全然気にならなかったけど。

結局救急車が走り出すまでは、手足の硬直・痙攣はとれずに、意識だけが少しづつ回復してきてるようでした。
病院へ向かい出すと、突然何かのスイッチが入ったのか切れたのか、リキが脳みそを絞りきるように知ってる言葉を羅列し始めました。
その声がだんだん大きくはっきりとしてきて…
そして病院につく頃には大声で歌ってた
ノンストップで次から次へと出てくる言葉&歌に“どこかおかしくなっちゃったんじゃないか?”という不安を抱きつつ、不謹慎ながら救急車の中で吹き出してしまったうめでした

病院に着くと、隊員さんが手続きを全部済ませてくれ、診察室まで誘導してくれました。
自分で救急に連れて行くより、救急車の方がこのあたりはスムーズにすむので良かったと思ってます。
隊員さんの後ろをついて行く時もリキは「あるこ~、あるこ~、わたしは~げんき~」とか歌ってるし


熱性痙攣は決して慌てるような病気じゃないけど、初めて目の当たりにすると救急車を呼ばずにはいられません。
落ち着いて対処できる人は、ほんと尊敬ものです。
私なんて最初はそれとは気付かずに、やってはいけないこと沢山やっちゃたし…
揺すったり、衝撃を与えてはいけない
脳に負担のかかるような呼びかけはしない
口の中に物をいれない

女の子は比較的少ないという噂を聞いていたので、どこか他人事のように流してた自分に反省。

病院では痙攣を予防する座薬を打って貰いました。
これには眠気やフラフラするという副作用があります。
リキも病院から帰る頃にはびっくりするほど良く眠っていました。
約2日間、まともに熟睡できてなかったから、これはこれで良いのかも…なんて思ったり。
7時半頃、声をかけると起きあがり納豆&温泉卵かけご飯をお茶碗に山盛り(もっとくれとせがまれたけど、いきなりじゃ胃もびっくりするだろうとここでストップ)
苺をつぶして牛乳と練乳をかけたのをカップ1杯完食しました。
食べ終わるとまたスヤスヤ

食べれて、寝られるなら、もうそんなに心配はいらないかな。
早く熱よ、下がってくれ~~~

あんまり衝撃的だったので描いてみました↓↓↓
more…
【2007/04/13 22:35】 つれづれ | トラックバック(0) | コメント(6) |
インフルエンザ!
入園してから1週間。
リキもそれなりにストレスや疲れがたまっていた様子。
金曜日のお昼寝後に発熱し、この時は家に帰るとすぐ熱はさがったのですが。。。

週あけて月曜日。
この日は何事もなくホッ
やっぱり預けると泣くものの先生が「○○ちゃんが来てくれたよ~」とお友達の名前を口にするとぴたっと泣きやみ、「○○ちゃん・・・」とその子を指さして遊び出しました。
早々にお友達もできたみたいで良かった良かった

火曜日。
うめは着付け教室のため、リキを預けてから家に戻りおにぎり作って出発!
…でもどうも体がだるい。。。
下半身の筋肉が痛い。。。
腰痛のせいかも、なんて思いながら家を出たのですが、教室でだんだん熱っぽくなってきました。
着付けが終わって、リキのお迎え滑り込みセーフ。
迎えに行くと、リキも熱が出てたそうで37℃。
リキは家に着くと金曜日と同じように、すぐに熱はさがりました。

…が!
うめはどんどん悪化。
夜には39℃を超える高熱に

翌朝、かかりつけのお医者さんが休診日だったので初めての病院へ。
インフルエンザ(A型)でした

これがリキにうつらないはずもなく。。。
(発祥したのがうめが先で、もらってきたのはリキかも。。。保育園児の宿命ってやつっすか?!)
木曜日の朝にはリキも38℃超え
ちょうどおたふくの予防接種の予約をしていたので、朝一で電話して診察に変えてもらいました。
病院ではインフルエンザの陽性反応はでなかったものの、うめがインフルエンザにかかったことを伝えると、これから出るでしょう。。。ってことで解熱のための座薬を出してもらいました。
(タミフルは色々と問題が上がってるから…ってことで処方なし)
うめは水曜にもらったタミフルが劇的に効いて、すっかり熱も下がり快調です。

病院から帰ると案の定熱はどんどん上がり、夕方には40℃近くに
さすがに本人も辛そうになってきたので座薬を入れました。
それまではいつも通りだった食欲も晩ご飯ではうどん3本でごちそうさま。
しかたなくヨーグルトを食べさせてご就寝。
それから2時間ほど寝たところでまた熱が上がってきて、グズグズ
0時をまって座薬を入れたのですが、10分置きくらいでうなされて起きてます。

言葉がある程度通じるから何をしてほしいのかはわかるのはいいけど…。
今晩は寝させてもらえるのでしょうか。。。
【2007/04/13 02:04】 つれづれ | トラックバック(0) | コメント(2) |
ちょっと慣れてきたかな?
保育園生活3日目。
この日から給食スタートです。
リキは全部残さず食べられました
いつもなら苦手でべ~って出してしまうブロッコリーも、先生が食べさせると黙って食べたらしい。
家では嫌がって速攻はずすエプロンも、先生に何度も付けられて観念したのか最後まで付けて食べてたみたい。
やればできるんやん。
お散歩ではコンクリートミキサー車を見て、「こんくり」って何度も言ってたそうです。

4日目。
朝、園の前についたら「だいじょーぶ、だいじょーぶ」と言いながら泣いて抵抗。
無理矢理入ると泣き喚いて「だいじょーぶ、だいじょーぶ!」
大丈夫なら、泣かないでくれ
うめが帰った後では、他の泣いてる子に「だいじょーぶ」って言ってあげてたらしい。。。
どういう意味で使ってるのか…不明
この日から、お昼寝も始まったんですが、先生が抱っこ→添い寝をするとすぐに眠ったそうです。
今までは2時くらいからお昼寝をしてたんですが、園に通い出してから1時頃にはすでに爆睡
この日も12時半ころから約1時間寝てたそうです。
いっぱい遊ぶから、程よく疲れるんかな?

5日目。
やっぱり園に着くと「だいじょーぶ、だいじょーぶ」と泣き喚いている。。。
先生に預けて、うめが帰った後「だいじょーぶ」がいつの間にか「だいじょーぶか?」になってたそうです。
やっぱり意味不明
お散歩では公園で「おはな、いっぱい」「きれー」を連発。
「よーい、どん!」と言って走ったり、お友達と笑いあったりしてたそうです。

この3日間、預けて帰るときは号泣してるけど、帰り道ではいつも上機嫌でした
昨日はお昼寝をして帰ってきたもんやから、帰ってからのテンションの高さにうめがついて行けず、公園へ連れ出しました。
シャボン玉を熱中して「フーッ」
寒くなってきたから帰ろうと言うと、「すべりだい!」と一人で何度も何度も滑ってました。

今日はお迎えに行くと、見送りに来てくれた子の名前を呼んでたし、家でも今まで教えたことのない手遊びをちょこっと見せてくれたり、「はなかんで~」とかうめが使ったことのない言葉を話し出したり…。
異常なほど、ちょっとしたことで奇声をあげてケラケラと笑ってるんで、それなりに保育園にも慣れだして楽しんでるんじゃないかな?

お友達には、おやつも給食も食べられなかったりする子もいるんで、それを考えると上出来かな
…リキの場合は餌付けされてる気もするけど




今日は、お昼寝の後お迎えに行くとちょっと熱が出てました。
園で計ってもらったときに37.5℃
ただ、食べる物はきちんと完食したらしいし、見た目は元気そのもの。
家に帰って計るとちょっと下がってたし、寝る前には平熱に戻ってたんで、興奮して知恵熱でも出したんでしょう…と思いたい
来週には予防接種も控えてるし。
頼むぜ!!リキ!!!
【2007/04/06 21:40】 つれづれ | トラックバック(0) | コメント(6) |
保育園スタート
2日から保育園ライフがスタートしました。
最初の日は1時間から。徐々に時間を長くしていき、来週の火曜日には通常保育になります。

初日は9時に登園。
園までは歩いて15分弱かかります。
着くなり、お布団のセットや着替えの準備など…15分ほどしてから一時帰宅。
しなくていいのに、先生がわざわざリキを抱っこしてお見送りにきてくれたので、さっきまで様子を伺いながらも遊んでいたリキは号泣でした
それから家に戻って9:30。
洗濯物を干したらあっという間にお迎えの時間[emoji:e-330
10時に迎えに行くと、泣きはらした顔のリキ。
先生の話では、しばらく抱っこしてたら落ち着いてきて、音楽をかけたら歌ってたそうです。
「お歌がすきなんですか?」「ええ、1日中一人で歌ってます」
なんて会話を交わしてその日は終了。

2日目。
9時~11時の保育。
午前のおやつを食べて帰ってきました。
うめが帰ったあと少し泣いてたけど、しばらくすると歌い出し、おもちゃでも遊んでたみたい。
迎えに行ったときは泣いてたんですが、先生のお話によると迎えに行く直前に、お人形用の椅子(手のひらにのるくらい)に座ろうとしてコケて頭を打ったらしい。。。思わず笑っても~たわ
おやつの時間は、他の子を先生が座らせているといつの間にか勝手に椅子に座って待ってたって。
で、みんなで「いただきます」すると手をパチンとあわせて速攻黙々と食らいついてたらしい
で、さっさと食べ終わるとまだ食べ終わってない子のおやつをじ~っと見てたんやって。
…なれてくると、そのうち奪いに行くんじゃなかろーか

今日は雨がふっていて、腰痛のうめはリキを抱っこして登園できず無理矢理ベビーカーにゴミ袋かぶせて行きました。
すると、お友達ママ(以前から何度か遊んだことがある人が同じく入園してたんです)がお迎えの時にベビーカーのレインカバーを持ってきて貸してくれました
お迎えの後、そのまま着付教室に行かなくてはいけなかったのでメチャクチャ嬉しかった~!
感謝感謝

腰痛さえなければ必要ないんやけど…レインカバー買った方がいいかなぁ

明日は3日目。
12時までの保育で、初めての給食です。
さ~って、ちゃんと食べれるかな
【2007/04/03 23:14】 つれづれ | トラックバック(0) | コメント(3) |
さくら祭り
1日は、近所で毎年やってる「さくら祭り」に出店してきました。
…腰痛で思うように動けない中、一緒に出店してくれたYちゃんに感謝!!
20070403223657.jpg

Yちゃんからもらった半被を着たリキ。
Yちゃんとこのサユちゃんとは大の仲良し
ほとんど喧嘩することもなく、二人でケラケラと笑いながら遊んでます。

この二人、本当に仲がいい…。
お互いに「さゆちゃん」「りきちゃん」と呼び合い、遊びもバラバラじゃなくて一緒に1つのことをして遊んでることが多いんです。
おやつもさほど取り合うことなく、仲良く食べます。
うめの観察&分析では、この二人、押すところと引くところが違うのが仲良しの秘訣なのかも
リキがど~しても欲しい!っておもちゃやおやつには、サユちゃんはそれほど固執してなかったり。
サユちゃんが、これは私の~!って時にはリキは「どうぞ」したいモードになってたりする。
ちょっと違うタイプだから、上手く噛み合う…最高のボケとツッコミなのかもね
(どちらもツッコミってわけじゃないけど

お店の方は、まぁこんなもんかな…って感じ。
今回は”フリマ”というくくりじゃなかったので、「ボヌール梅」で扱ってる商品&新作、Yちゃんの作品を出品しました。
20070403223642.jpg



二人のおチビさんの相手をしながらの出店は、なかなか大変でしたが、それなりに楽しめました
【2007/04/03 22:52】 手作り | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム |
アフィリエイト の ジャネット
アフィリエイト の ジャネット

calender

03 | 2007/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

links

search

template
by
amycco.


うめのおすすめ
うずらちゃんのかくれんぼ
うずらちゃんのかくれんぼ
絵がとってもキレイ☆ (今更ながら)愛子様もご愛読っていうあの絵本です。 意外とシュールなんですよ。
NUBYストローボトル 420ml
NUBYストローボトル 420ml
ついにget! おまけに振り回しても絶対こぼれない優れもの。 吸うことは出来るけど、噴いても戻らないように弁が付いてるから、ビスケット食べながら飲んで中身が濁った~、とかブクブク遊びをする心配もなし。 色も可愛くて大のお気に入りです♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。